東京都港区三田の鍼灸院。最寄り駅は三田、白金高輪、田町、麻布十番です。
タイトル

2010年

12月

08日

首こりの治療ではこの3つを意識します

首こり 治療 港区 鍼灸

こんにちは。島田です。

 

首こり。

 

 

肩こりとは違うそのつらさ。人によってはアゴまでこることがありますね。

 

 

原因は睡眠の質(睡眠不足なども)にあることが多いです。

深い睡眠がとれなくて、脳が休めないと首こりになりやすいんですね。

 

鍼治療はこんな感じに行います↓

首こり 治療 港区 鍼灸

←写真は座った状態で鍼をしているところです。

 

この方の場合は、肩甲骨周りと、頭と首のつけねが特にこっていたので、その辺を重点的にゆるめています

 

当院が、首こり治療で意識しているのは次の3つです。

 

 

1.肩甲骨まわりのコリをとる

 

肩甲骨には首や肩につく筋肉がたくさんくっついてます。

なので、その筋肉をゆるめて首の緊張をとるわけです。

 

2.頭と首のつけねのコリをとる

 

首こりは頭(脳)の疲れが大きく関係しています。

精神的に落ち着くツボも、このつけね部分には多いのでここをゆるめます。

 

3.首と背中のつけねの(深い)コリをとる

 

首と背中のつけねがこる方は多いです。

患者さんに聴いてこってる所に鍼をします。

 

ですが、最近は姿勢からコリを起こしている方も多いです。

≫その場合はこのメニューで骨盤・背中も含めた治療が必要になります

 

1,2週間に1度のサイクルで治療していくと、だんだんコリが気にならなくなってきますよ。

首コリの鍼治療はこのメニューです。