東京都港区三田の鍼灸院。最寄り駅は三田、白金高輪、田町、麻布十番です。
タイトル

2012年

1月

09日

背中の痛みに対する治療

●背中が痛い原因

背中 痛む

PC作業が多いと、肩というより肩甲骨の間がこりませんか

 

何とかしたくても、仕事も忙しくてケアできず、そのままになりがちです。

そうして、いつの間にかコリが背中の痛みになるケースがあります。

 

この場合、痛みを起こす原因は3つ。

 

(1)骨盤の傾き

(2)背中の筋疲労

(3)背骨の関節がかたくなってる

 

●骨盤の傾きが悪いと背すじを伸ばす時に痛い

座ってるときの姿勢で、

 

つま先立ちっぽくなる

かかとをつけるのがキツイ

 

という方は、骨盤が少し後ろに傾いてます。

 

この場合、背すじを伸ばそうとすると、背中の筋肉に余計な負担がかかって痛いです。

 

●背骨の関節がかたいと余計な緊張があって痛い

 

上を向くと背中が痛い

 

このときは、背骨の関節がかたくなっています。

 

関節がかたいと、筋肉がきちんと動かせないので血流も悪くなります。痛みやコリの原因となるわけです。

 

●治療の流れ

 

なので、治療は

 

骨盤の傾きを整える

背骨の関節をゆるめて、背中の緊張をとる

 

ということになります。

 

まず、骨盤を調整するために仰向けで横っ腹とヒザに鍼をします。人によっては、この治療だけで立ったときに腰が楽になることも。

 

その後、うつぶせで背骨を押して、痛い所、違和感のある所を調べます。

 

痛い所、違和感のあるところは背骨の関節がかたい所です。ここに鍼をしてそれをゆるめていきます。

 

ここまではどちらかというと整体みたいな感じかもしれません。

 

そして、背中のツボに鍼をしていきます。

 

ここまでやると、かたかった背中もゆるんできます。「背中の力が抜ける」というご感想が多いです。

 

一度の治療で完璧とはいきませんが、やっていくうちに良い姿勢がしやすくなっていきます。

 

整体と鍼のコラボレーションで、背中の痛みを解消してみては?

≫この症状に対してはこちらのメニューがおススメです。