東京都港区三田の鍼灸院。最寄り駅は三田、白金高輪、田町、麻布十番です。
タイトル

2012年

6月

24日

のどの痛みや気管支炎の具合をみるツボ

東洋医学は特殊な機械を使いません。

そのせいか、感覚を使った診断方法が数多くあります。

 

手のひらのツボを使うのもそのひとつ。

手のひらから色々なことがわかるんです。

 

例えば、親指の腹にある魚際(ぎょさい)というツボ。

魚際 港区 鍼灸

ここは呼吸に関係する症状を判断するときによく使います。

 

黄色い

・鼻炎

・のどの痛み

・気管支炎

・呼吸浅い(深く吸えない)

 

などなど。

 

このツボを押して痛いときは、これらの症状がないか確認して、もしあればその症状に対するツボを加えたりします。

 

今はアレルギー持ちの方も多いせいか反応がある方多いですね。

 

毎日使う手のひらは多くのことを教えてくれます。

あなたの手のひらは何を語るでしょうか。

 

追記:痰の色でツボが変わる?!

東洋医学では、痰の色によって違うツボに鍼を打ちます

 

今回紹介したツボは、黄色い痰に対して使うツボです。

それ以外にも、透明な痰、白い痰、痰が出ない(空咳)で全く違うツボ・メカニズムになります。

 

人間の体はきちんと異なる原因に対して、異なる反応(痰の色を変える)をきちんと行っているんですね〜。寒くて体調を崩しやすい今(追記:2014年1月)だからこそ普段から体の変化に意識を向けたいです。

 

専心良治のご案内

【住所】東京都港区三田5-6-8 ナカムラビル3階

【最寄駅】田町、三田、麻布十番、白金高輪

 

【電話】03-3457-6682