東京都港区三田の鍼灸院。最寄り駅は三田、白金高輪、田町、麻布十番です。
タイトル

2012年

7月

10日

鍼に副作用ってないんですか?

本には「東洋医学は副作用がないから安心」と書いてありますが、これは誤解

 

体に作用するものなので、副作用もあります

 

よく言われるのは

・鍼治療後にだるくなる

・鍼をしてかえって硬くなった

 

などです。

 

まず「治療後にだるくなる」について、

 

鍼治療は体に刺激をいれて、自己治癒力を高める治療法。

治療後の高まった治癒力に体が追いついてないときに、「だるさ」として感じることが多いようです。

 

次に「鍼治療後に症状が悪化する」について、

 

これは刺激オーバー。

髪の毛より細い小さな鍼ですが、あまり刺激を入れすぎると逆効果になることがあります。

 

・すごく効いてその場はスッキリ!

・鍼をされてもあまり刺激がわからないから強くしてもらった

・原因は別にあるんだけど、気になるのはここだからここに鍼をしてもらった

 

と言う場合に起こりやすい現象です。

治療は腹7分目くらいがあとで効いてきますよ。

 

また、腰が悪いのにつらさとして感じるのは肩背中と言う方がいます。

この場合、肩背中をゆるめると、今まで隠れていた腰痛がでることがあります。

これは鍼の副作用ではありません。