東京都港区三田の鍼灸院。最寄り駅は三田、白金高輪、田町、麻布十番です。
タイトル

2013年

3月

12日

歪みをとる時にも火鍼を使います。

歪みと鍼。港区の鍼灸院

膝のケガや五十肩の治療で使う火鍼(かしん)ですが、その効果を利用して歪みをとるときにも使います。まぁ、歪みをとっていく方法は普通の鍼でもできるので、火鍼を使うのはよっぽどのケースですが^^;

 

当院でよくみられるのはこんな場合。

 

・スポーツ選手(パフォーマンスアップ

普通の鍼やお灸と効きが違うので、ハマる方は毎回リクエストがあります。

・通常の治療でなかなか良くならない場合

2、3回治療してあまり改善がみられないときは使うこともあります。

歪みに対して整体的な鍼をします。港区の鍼灸院

効果が高い分、リスクもやや高め。やはり火であぶった鍼を使うので、点状の軽いやけどになります。施術した日はあまり運動せず、お風呂はシャワー浴にしていただいてます。

 

歪みが気になってどうしようもない方はどうぞ^^