東京都港区三田の鍼灸院。最寄り駅は三田、白金高輪、田町、麻布十番です。
タイトル

2014年

3月

01日

外反母趾で腰痛|アラベスクで腰がひっかかる


外反母趾による腰痛

外反母趾による腰痛

外反母趾になっているとバレエの練習で何かと問題がおきます。

例えば、腰痛

外反母趾がどんな腰痛を起こすのか?腰痛の原因が外反母趾だったダンサーさんの治療をみながら紹介します。

 

 

アラベスクで腰がひっかかる

主な症状:腰痛

踊るときの問題はこの3つ

・アラベスクで腰がひっかかって後ろにいかない

・パッセの位置がわからなくなる

・外反母趾で親指が痛いため、どうしても外体重になってしまう

 

 

アラベスクを見せてもらったところ、たしかに腰でひっかかってそれ以上後ろにいかない感じでした。でも、腰の筋肉に問題があるか検査してみたところ、それほど問題はない様子。

パッセも位置がわからないので股関節かなとも思ったのですが、ターンアウトはできるのでその線も薄い。

 

そこで注目したのは、【外反母趾による重心のズレ】です。

 

 

外反母趾でなぜ腰痛になるのか?

バレエで軸がズレる原因はいくつかあるのですが、外反母趾がある場合、ルルベしたときに体重の線(軸)が後ろにズレます

 

外反母趾で体重が外側にかかる→足の中央にかからなくなる→体重が後ろにかかる

 

アラベスクで腰がひっかかるのは、これ以上体重を後ろにかけたくないから

パッセの位置がわからないのは、足の中央に体重がかからないから

 

ということで、

・外反母趾でズレた重心を戻す

・腰の痛み(反り腰ができないとき)に使うツボに鍼

をしました。

これでもう一度アラベスクとパッセをしてもらったところ、腰痛もとれて、きれいにポジションとれましたよ^^外反母趾が今回の問題の原因でした

 

外反母趾はバレエをする上でいろいろな問題を引き起こします。

踊りに影響が出る前に早めのケアで、ストレスなくレッスンを受けてみては^^

 

この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます


専心良治のご案内

【住所】東京港区三田5-6-8 ナカムラビル3階

【最寄駅】三田、田町、白金高輪、麻布十番

【電話】03-3457-6682

 

>>ご予約・お問合わせ

>>施術内容・料金のご案内

>>治療院・院長紹介