東京都港区三田の鍼灸院。最寄り駅は三田、白金高輪、田町、麻布十番です。
タイトル

 

これらは、バレエ教室でよく言われるアドバイスです。

当院にバレエ治療でご来院された方(2016年は2213名)から聞いたバレエの悩みをまとめると、上位6つは上のような内容になります。

おそらくあなたも同じような経験をしているかもしれません。
でも、こう思ったことありませんか?

 


「教室で先生から注意されるけど、自分でなかなか感覚がつかめない…。」

「やってるつもりでいると『力はいり過ぎ』って注意されたり…。」

「体が硬くてうまくいかない…。」

 

 

そして、「柔軟性を上げればいいんじゃないかと思い、ストレッチを増やしてるけどなかなか柔らかくならない…。」ということもあるかもしれません。


共通しているのが、レッスン大好きの頑張り屋さんであるということ。

 

 

実は、ほとんどの人が本当にやりたい動き方を使えずにいます。そして動きづらいのを無理して踊り続けることで、ケガしたり、痛みでレッスンを休まないといけなくなっちゃうことがあります。

 


これはとても惜しいことです。なぜなら、その”体の使い方のコツ”に気づいて動かし方を変えるだけで、あなたはもっと踊れるようになってケガも減るんですから…。

 

 

バレエには踊れば踊るほどハマる魅力があります。

 

鏡に映る自分の動きをもっと綺麗にしたい…

もっと出来る振りを増やしたい…

周りの人よりちょっとだけ上手くなりたい…

もっと練習したい、というか練習休む気がない

 

 

でも、バレエは体を使った芸術です。普段の生活であんな動き絶対に意識しませんよね?美しい形を作るなら、細かいところまで神経を行き渡らせないといけません。なので、そのちょっした体の使い方の違いで踊りのパフォーマンスに大きな影響がでますし、疲労の度合いも下がるのでもっと練習できるようになるんです。

 

 

バレエの体の使い方にはコツがあります

 

 

例えば、あばらを締めるだけで足を上げるときの可動域が上がります↓。

 

さらに、『骨盤を立てる』、『肩を下げる』など、足を鍛える前に上半身を使えるようにするだけで、ポアントでの甲出しの角度が変わってくるんですね。

 

 

もし、あなたがその動かし方を身につけて自分の踊りに活かせば、今までとは違った自分に出会えるでしょう。

 今までは、片足で立つとグラついていたのに先生から「立ち方キレイになった」と褒められる回数も増えるでしょう。(ウソくさく感じるかもしれませんが…これはご来院されている方からいただいた実話です!)


そのなかで、「体を楽にするだけじゃなくて、バレエ用の使い方も知りたい!」という声を多くいただいていました。

 

 

そこで、体をケアしながら、バレエ用の体の使い方・整え方を身につけるコースが、今回ご紹介する『バレエのためのスキルアップチューニングコース』です。 

 

5月は あと1人 ご案内はできます。

※当院では、お1人ずつ丁寧にみるため1日にできる人数に限りがあります。なので、月に先着10名様限定でお申し込みできます。(※満員の場合は次の月のご案内となります)

 

バレエでこんな悩みを持っている人向けです

  • ストレッチしてもハムストリングスの硬さがとれない。
  • 上手く踊るために、基本のバレエの形を正しくしたい。
  • 自分の使い方のどこがネックか知りたい。
  • 発表会に備えて体を整えたい。
  • 股関節が硬くて足がキレイに上がらない。
  • ターンアウトができる身体になりたい。
  • 踊るとふくらはぎが痛くなる。

バレエ治療のメリット(いただいたご感想から)

 

もっとできるかも!と思えるようになった」30代

※効果には個人差があります
※効果には個人差があります

【最初はどのような悩みがありましたか?】

・レッスン後ふくらはぎが張って痛くなり、マッサージなどをしても治らない。

・左脚のターンアウトができず、5番がきれいに入らない。

 

【当院に通院するようになって】

・左右の差が減り、5番に入れやすくなった(5番がきれいになったと言われた)。

・体の軸が中心に集まり、かなりバランスが自然にとりやすくなった。頑張らなくてもよくなった(笑)

・脚の負担が減った。内ももが意識できるようになった!かなり踊りやすくなった。

・自分の身体が好きになった。もっとできるかも!と思えるようになった。

・お灸にハマって家でもやるようになった。

 

【当院の鍼灸治療についてどう思いますか?】

・すごい!(笑)

施術中は何かやってるのかな〜って感じたが、終わってみると自分の身体が変わっていることに驚く!ちょっと不思議だけど楽しい。

・先生の治療法も毎回同じではなく、進化していくので面白い。


 

【どんな人にお勧めだと思いますか?】

・軸が取れない、バランスが取れない人。

・大人からバレエを始めて、身体の使い方がよくわからない方。

・たくさんレッスンをしているのに、上達を感じられない方。

・ハリは痛いと思ってる人(他では痛いと思ったけど、こちらのハリは全然痛くないです)

 

 

体の使い方をわかってくださるので安心です」20代

※効果には個人差があります
※効果には個人差があります

【最初はどのような悩みがありましたか?】

・踊る時、肩が上がってしまう。

・アンオーしにくい。

 

【当院に通院するようになって】

アンオーの肩の位置が下がり、きれいになった。

 

【当院の鍼灸治療についてどう思いますか?】

・すごい!とにかくすごい!先生何者ですか!?(笑)

・今までたくさんの治療院に行きましたが、島田先生の効果が1番すごいです!


 

【どんな人にお勧めだと思いますか?】

・誰でも(笑)肩こりでも腰痛でも先生がなんでも治して下さると思うので。

・それでも、やっぱりバレエやダンスをやっている人には特におすすめだと思います。

・先生が体の使い方をわかって下さっているのが嬉しいです。

・でも、実は人気が出て予約取れなくなったら嫌なので、ダンス仲間には隠していたのですけどね…(笑)

 

 

ターンアウトで内側を使う方法がわかった」20代

※効果には個人差があります
※効果には個人差があります

【最初はどのような悩みがありましたか?】

・左の肩が痛い。

・ターンアウトしにくい。

・バランスが安定しにくい(ルルベが立ちきれない、立っても降りてしまう、床を押せない)

・甲が出しにくい(足がつってしまう)

・頭痛、お腹が痛くなりやすい

 

【当院に通院するようになって】

・背中の痛みがなくなった。

・引き上げができるようになり、床を押す感覚、安定した自分のバランスがどこなのかがわかるようになった。

・ターンアウトも内側を使って行う方法がわかった。

・自分でも気づかない体の状態を改善してもらえて、治して欲しいところと加えて、さらに自分の状態が良くなった。

・アドバイスもいただけるので、「次のレッスンではこうしよう」など、やる気も出るし前向きになった。

 

【当院の鍼灸治療についてどう思いますか?】

・不思議(笑)痛いところは1つもないが自然と良くなっていく感じです。

・不安に思うこととかを言うと、それに対して「大丈夫」やアドバイスもくださるので落ち着きました。

・治療には関係ないかもしれませんがジブリの曲に癒されました(笑)


 

【どんな人にお勧めだと思いますか?】

・バレエをやっている人はもちろん、体に痛みや悩みを抱えている人はどの人でも大丈夫だと思います。


 

なぜ、専心良治の施術はバレエを踊りやすい体にできるのか?

あなたはこんな経験ありませんか?

  • 股関節を内側から使いたい感覚が伝わらない…
  • 肋骨引き上げたいって言っても伝わらないだろうな…
  • 結局休めば治るって言われるし(でも休んでも治らないし)…


 

今まで、治療院で『なかなかつらい部分が伝わらなかった』ことはありませんか?

バレエ治療では、

  • バレエという特殊な動き
  • ダンサーさんの感覚と体の使い方

を考えた治療が必要なため、一般的なスポーツ鍼灸とは勝手が違うと思います。特にバレリーナやダンサーさんの感覚は重要です。感覚的な会話ができないと、その方が本当に問題としている部分がわかりません。

 

 

当院では、バレエ用語で施術の効果を確認しています。 痛いところ・動かないところは色々ありますが、なんだかんだ言っても結局バレエの動きに関係してるからです。

 

バレエジャポンさんからの取材写真です
バレエジャポンさんからの取材写真です

私自身、バレエ教室で動きの勉強(ジャイロトニック、アレクサンダーテクニーク)を7年間続けています。。

 

 

そのおかげもあって、バレエダンサーさんの感覚やバレエの動かし方について理解した上で鍼治療の提案が出来ます。バレエ特有の動きに対して、構造的アプローチ、東洋医学的アプローチ両面ができます。

 

 

東京都内(港区をはじめ、 中央区、品川区、新宿区、世田谷区、豊島区、江東区、台東区、大田区、江戸川区)だけでなく神奈川、埼玉、千葉、茨城などの他県や遠方(東北、関西、海外など)からご来院いただくのも、バレエの動きを理解した治療内容に魅力があるのかもしれません。

 

 

3つのアプローチであなたのバレエの悩みを改善していきます。

まずは、踊りづらい原因を探すため体の状態チェックを行います。初回はこのチェックが7割です。

 

医者にかかるとき、いきなり「このお薬にしましょう」とか「手術しましょう」なんて話にはなりませんよね?きちんと診断をして、あなたの体がどうなっているのか説明を受けてから薬を処方したり、(必要であれば)手術という流れになるはずです。

 

なので、全体的にチェックをして、痛みのでている原因はどこか、踊っていて使えていない所はどこか、股関節固い原因はどこか、などを一緒に確認していきます。全体をチェックすることで、あなた自身も気づいていなかった問題点に気づくことができるでしょう。

 

背骨は首から尾骨まで30個の骨がつながっています。それぞれの関節にはセンサーがついていて、『今、関節がどんな状態か』を情報として脳へ送っています。


背骨の動きが悪くなることでセンサーが鈍って、バランスが悪くなるので関節の動きが制限されます。この制限が関節が固まる状態です。余計な力が入るので踊っていて疲れやすくもなります。

背骨を調整することで、全体のバランスが整います。そうすると、全身のセンサーがきちんと働くようになるので、関節の制限がとれて回復力も高まります。


特に肩や股関節は背骨の影響で硬くなりやすいです。もしあなたが、アンオーやパッセが苦手ならこの背骨調整した時点でやりやすくなるでしょう


背骨調整で全体を整えた後、鍼や整体でツボや気になる部分により細かい部分のアプローチをします。これをすることで痛みや動きの悪さを改善していきます。

 

これを受けることであなたは、内ももを使ったターンアウト、甲出しなどがしやすくなります。また、2回目以降は初回のチェックをもとに掘り下げることで、個々のポーズ(アラベスク、ルルベ、ピルエット、プリエ、5番など)の修正をすることができます。


 

「でも、鍼はちょっと怖いです…。」

 

 

という人もいるでしょう。安心してください。怖くないのもありますよ。

当院では、6歳のお子さんから施術をしています。そのとき、6歳の子でも怖くないように、痛くないシール鍼を使って動きの改善をしています。今のところ、この方法で鍼が怖いというお子さんはいません。なので、もし鍼をされるのが不安ならお伝えください。


当院では定期的に人数限定でセルフ整体の講座を開き、バレエ用の体の使い方についてお伝えしています。

このコースでは、それを、必要な順番であなたにレクチャーしていきます。

一部を紹介すると、

 

  • 骨盤を立てる
  • ターンアウトで開きやすくする
  • あばらを締める手の作り方
  • ポアントでもっと甲を伸ばしやすくする
  • 肩を下げる

 

……などなど、です。

どれも教室で言われているけど自分ではなかなか難しいというものではないかと思います。

 

実際、

 

「何年も気づかなかった部分に気づけた!」

「バレエのこの形に意味があったんですね!」

 

と言っていただけることも多いこのセルフ整体指導。

 

施術にプラスしてこれも手に入るから、という理由でご来院される方も多いくらいです。

 

バレエのためのスキルアップチューニングコースの流れ

 

【1回目】体の状態チェック+ターンアウトしやすくするストレッチ

 

初回は体の状態をチェックがメインです。どこを改善すれば踊りやすくなるか?を検査・施術しながら確認していきます。

 

また、バレエの悩みで多い「ターンアウトが開きにくい」、「足の付け根や膝が痛い」などの原因の1つはストレッチ不足です。バレエで使える実践的なストレッチもここでお伝えします。

 

  • 股関節と骨盤周りのより効果的なストレッチ法。ちょっとした角度の差が内側までストレッチできるか、外側しか伸ばせないかの違いになります。
  • 現代人の股関節が開きにくい原因の1つは肩にあります。ターンアウトをしやすくする肩のストレッチ法。

 

 

【2回目】引き上げをしやすくする+足首の使い方

 

バレエを踊る上で欠かせない引き上げ。引き上げることで体の状態がどう変わるのか?実際に体感してもらいながら、引き上げに必要な骨盤の立て方を実践していきます。

 

  • 「ヘソ下に力を入れて!」は腹筋に力を入れることじゃありません。引き上げで骨盤を立てるにはココを使う必要があります。
  • あばらを締めるときに、あばらそのものを締めようとしていませんか?実は、ココをきちんと使えればあばらは勝手に締まるんです。
  • 肩を下げるのは、肩甲骨を上から無理やり下げることじゃありません。腕を◯◯◯◯◯◯◯◯することです。
  • 実はほとんどの人が足首をきちんと回せていません。効果的な足首の回し方。

 

 

【3回目】バレエを踊りやすくする手の使い方

 

足が気になって、手まで意識がいかない…。 手の動きはなんとなくで…。 こんなことありませんか?実はソレ、とてももったいないことなんです。バレエのアームスは、構造的に足の動きを助けるためのものです。踊りやすい手の使い方を身につけることで、股関節の開きや軸足の安定度が上がります。当院では、バーレッスン用のバーを使って股関節や足裏を使いやすくする手の使い方をお伝えしています。

 

  • あなたは大丈夫?股関節が硬いという人がやってしまっている典型的なバーの持ち方。もしあなたがこの持ち方をしているなら…自分で股関節を硬くしてしまっている可能性があります。
  • 5番にするには股関節が柔らかくないといけませんよね?残念!違います。実は、アームスをうまく使うことで、深く入りやすくできるんです。
  • ルルベがグラグラする人と、ピタッと安定する人。その2人を分けるのは足の強さだけじゃありません。そのカギはこの手の使い方にあります。
  • アラベスクで足が上がらない?だったらこの手の使い方してみてください。足を上げる時に腰がつまりにくくなりますよ。

 

 

【4回目、5回目】ポアント調整、膝を伸ばす

 

1回目〜3回目の内容が正しくできてくれば、バレエに必要な体の使い方が身についてきます。ただ、「ちゃんとできてるかな?」、「実際に踊っているときにここが気になる…」など、実践しているうちに気になる部分がでてくると思います。ここで、微調整をします。 また、ポワントでの立ち方などを調整したい場合はここで行っていきます。

 

  • ポワントとバレエシューズでは履いてる位置が違います。実際に甲出しをしながらその違いをチェック。
  • 足捌きをコントロールするポイントは◯にあります。

 

↓ここからは1〜5回目までの内容を踏まえたアドバンス版です↓

 

 

 

【6回目、7回目、8回目】ポーズごとの調整

 

アラベスク、ピルエットなど気になるポーズを中心に調整していきます。

 

例えばアラベスクなら、こんな感じです。

 

アラベスク → 修正点を改善・調整 → 修正した体でもう一度アラベスク

 

修正する点は1〜5回目でお伝えしたストレッチや体の使い方を組み合わせたものです。体の状態が足りない部分は調整します。

 

プラス、足を高く上げるコツだったり、教室でできるストレッチも行います。

 

  • 股関節のストレッチを十分してるのに足が上がらない。ハムストリングスが硬いせい?残念!違います。実はこの部分のストレッチが不足しているのが原因です。
  • ある部分を意識するだけで軸が一本通りやすくなります。
  • 人によって動かしづらい部分は違います。その人の踊りに使う部分をつなげてストレッチする連動ストレッチ法

 

1〜5回目までの内容がここで活きてきます。

 

 

例えば、

 

膝が伸びて、ターンアウトが5番まで入ることでアラベスクの足の高さも変わります↓

 

誰でも受けられるわけではありません

内容をご覧いただいた通り、このプログラムは、
・局所だけの治療をしてほしい

・その場の痛みがとれればいい
という人のためのものではありません。

 

治療をしながら体の使い方も改善したい人のためのものです。

 

実際、ケガの治療だけなら他にやってくださる治療院はたくさんあります。そちらで治療を受けた方が費用も安いです。

 

 

ですが、バレエは構造上、正しく使って初めてポーズがとれます。

体の使い方を無視して踊るのは大変です。

痛みの原因が無理な体の使い方にあるなら、無理な使い方も含めて治していかないといけません。

 

 

なので、

  • 今すぐなんとかして欲しい…
  • 痛い所だけ治療してくれればいい…
  • 体の使い方に興味はない…
  • 教えたストレッチをやらない…

という人のお役には立てませんので、お申し込みしないでください。

 

 

そうではなく、

  • 「楽しく踊るために、もっとうまく体を使いたい」
  • 「痛みをとるだけじゃなく、ケガをしないようにしていきたい」

という人だけお申込みください。

 

もちろん、あなたにとって最適な施術を提供していきますのでご安心ください。

 

 

※お子さんの場合は、

・バレエ教室の先生のご紹介

・当院にいらっしゃっている方のご紹介

・ブログやメルマガ等で当院の方針をご納得いただける方

のみご案内できます。

(当人の希望なしに、保護者の方がお申し込みされた場合はお断りします)

 

 

 

また、お1人お1人丁寧に診るため、ご案内できる人数が限られています。

このコースは人気が高く、ご予約が埋まってしまう日が多くなるため、月10名様限定でのご案内です。定員になり次第、その月の受付を終了します。

 

価格について

 例えば、一般的な整体やマッサージは60分¥6,000です。そして、体の鍛え方を個人レッスンしてくれるパーソナルトレーニングの相場は60分¥6,000。両方受けると¥12,000です。でも、これらは一般的なものなので、バレエの改善には直結しづらいな〜と思ったことありませんか?

 

バレエの鍼灸整体コースは、痛みや硬さをケアしながら、踊りに必要な体の使い方を身につけていくことで動きを改善する施術です。ケアしながら、それぞれの回ごとに踊りに必要なパーソナルトレーニングを合わせて受けることができます。

 

想像してみてください。 自分が今まで硬いせいであきらめていた動きができるようになったら、レッスンでどれだけテンションが上がるか…。

 

このコースの値段は¥44,800(5回分・一括)と¥59,800(8回分・一括)です。当院の施術で5回分行うと¥60,000かかります。つまり5回セットでは1万5千円以上お得、8回セットでは3回分無料で受けられるわけです。真剣に取り組みたいあなたに必要な回数を提供するためのサービスです。

  

まとめると、、、

【含まれる施術内容(5回1セットor8回1セットです)】

 

【1回目】体の状態チェック + ターンアウト

【2回目】骨盤を立てる(引き上げ) + 足首の使い方

【3回目】あばらを締める手の作り方

【4、5回目】ポアント調整+1〜3回の復習

【6、7、8回目】アラベスク、ピルエットなどポーズごとの調整(足を高く上げる)

 

 

 

※2回目以降、オプションで骨盤調整肋骨調整、甲出し調整、股関節専門整体をプラスすることもできます

 

 

【料金】

ベーシック5回コース

60,000円 → 44,800円(5回セット・現金一括・有効期限6ヶ月)

アドバンス8回コース

96,000円 → 59,800円(8回セット・現金一括・有効期限6ヶ月)

 

※初回は+初診料2,000円

 

 

  • 鍼灸院名:「専心良治」
  • 所在地:東京都港区三田5-6-8 ナカムラビル3階
    ※お寿司屋(イサミ鮓)さんの上
  • 最寄り駅:三田・田町・白金高輪・麻布十番
  • 受付時間
    平日:10:00 〜 19:00
    土・祝:10:00 〜 17:00
  • 定休日:日曜日・第4木曜日

 

このコースで今の自分を変えてレベルアップするか?それとも現状維持か?

 

ここまで読んでくれたあなたには2つの道があります。

 

1つは、このコースで、体のコンディションをケアをしながら、自分が踊りづらい問題点を見つけて体の使い方を修正することで新しい一歩を踏み出してみること。

 

このコースでたちまち踊りが上手くなる、といったお約束はできません。でも、あなたが踊るときに気になる部分を修正することで、バレエをより踊りやすくするための正しい体の使い方のヒントを身につけることはできるでしょう。

 

そして、きちんとケアをして正しい体の使い方を身につければそれは技術になって、コンディションさえ整えればずっと使えます。

 

もう1つは、何もアクションをとらずに現状維持を続けること。 今の動きに満足してて、特にこれ以上レベルを上げる必要を感じないならそれも良いと思います。

 

ご来院いたただいてる方のご感想にあるように

 

  • 踊りやすくなる
  • 自分の体が好きになってもっとやれるかもって思える
  • 痛みがとれる
  • レッスンが楽しくなる

 

もしこれらが、あなたの手に入れたい状態だとしたら…どうぞ今すぐご予約・お問い合わせください。


 今の自分を変えるために一歩踏み出すのも、現状維持を続けるのも、どちらを選ぶのもあなた次第です。あなたはどちらを選びますか?

 もともとこのプログラムは、

痛いところだけ治しても、使い方間違ったままではまた同じところをケガする】というのを防ぐために作りました。

 


治療後も自分でできることをお伝えし、『1mmでも踊りを上手くしたい』という人のためのものです。


もし、このコンセプトが

「自分に合うかどうか心配」

「ほぐし系や局所治療で良い」

という人は、ほかの整体院や鍼灸院をご利用ください。

 

 

P.S.

 当院の施術を受けた方の声を一部紹介します。

 

少しでも上達したいと思う方にお勧め」40代

※効果には個人差があります
※効果には個人差があります

【最初はどのような悩みがありましたか?】

足裏の痛み

(ルルベやジャンプの時のひどい痛み)


【当院に通院するようになって】

・痛みが無くなり、ルルベやジャンプが以前より高くなった。

・5番が以前より深くなったり、バランスがとれるようになった。

・身体に対する意識の持ち方が変わり、日々の生活やレッスンをより楽しめるようになった。


【当院の鍼灸治療についてどう思いますか?】

・魔法みたいと驚きましたが確実に身体が楽になり嬉しかった。

・バレエの楽しさ、面白さを改めて認識できた。


【どんな人にお勧めだと思いますか?】

バレエを楽しみたい方、特に大人になってからバレエを始めた方で少しでも上達したいと思ってる方にお勧めします。


 

ポイントを押さえた治療が受けられれば

人間の体は変化することができるのだと実感しました

※効果には個人差があります
※効果には個人差があります

【最初はどのような悩みがありましたか?】

・体が固い。

・ダンスの動きにしなやかさ、なめらかさがない。

・肩や背中、腰のコリ

 

【当院に通院するようになって】

・柔軟性、可動域大。

・動きの変化

・目の疲れ、コリの軽減

 

【当院の鍼灸治療についてどう思いますか?】

・ポイントを押さえた治療が受けられれば人間の体は変化することができるのだと実感しました。


 

【どんな人にお勧めだと思いますか?】

普通の体の悩みの方はもちろんですが、ダンサーやスポーツ関係などで体の故障やパフォーマンス力に悩んでる方には安心してお勧めできると思いました。

 

 

すごく踊りやすくなった」30代

患者さんのご感想。バレエ
※効果には個人差があります

【最初はどのような痛みがありましたか?】

・足があがらない。

・あげると痛みが出る。

・曲げると股関節が痛い


【当院に通院するようになって】

痛みも取れてきて、あがりやすくなった。

むくみにくくなった。

すごく踊りやすくなった。

バレエの時だけじゃなくてふだんの生活も楽になってきました。

 

【当院の鍼灸を受けてどう思われましたか?】

どんどん体が軽くなっていって、痛みが取れて踊りやすくなった。

鍼はまだちょっとこわいですが、安心できるようになりました。

 

バレエ特有の相談もできて心強かった」30代

患者さんのご感想。バレエ
※効果には個人差があります

【最初はどのような痛みがありましたか?】

・バレエで肩が下がらず、ずっと先生から注意されていた。

・仕事による肩こり、腰痛、体中が痛く、呼吸が深くできていなかった。


【当院に通院するようになって】

腰はそれほど自覚症状があったわけではなかったが、腰に問題があることを教えてもらい、治療して頂くとバレエでの体の動き方が変わった。(特にポワントで全身を使って立ちやすくなり、出来るパが増えた

 

【当院の鍼灸を受けてどう思われましたか?】

鍼自体が苦手だったが、ソフトな鍼治療をしてもらえて、安心して受けられた。

バレエ特有の相談も出来て心強かった

治してもらえることで出来ることも増えて、本来の自分の身体をしることができた。

 

とても安心して受けられます」20代

ご来院されている方の声。バレエ治療
※効果には個人差があります

【最初はどのような症状がありましたか?】

1.下腹部の痛み。腰の痛み。食欲不振。等

2.ひざのケガ。曲げられなくなっていた

 

【当院に通院するようになって】

1.ストレスが原因とわかり、1回の治療で改善できた

2.的確な箇所に身体に負担の少ない治療で治ゆした。

 

 

【当院の鍼灸治療を受けてどう思われましたか?】

個人に合わせた丁寧な対応で治療方法が進化されていくので、とても安心して受けられます。いつもありがとうございます。

 

毎回体がスッキリ軽くなりクリアになります」30代

患者さんのご感想。バレエ治療
※効果には個人差があります

【最初はどのような症状がありましたか?】

持病の腰痛と肩こり、座骨神経痛に悩まされて来院しました。

 

【当院に通院するようになって】

毎回体がスッキリ軽くなりクリアになります。

趣味でバレエをやっているのですが、バランスが取りやすくなったり柔軟もとてもしやすくなります。呼吸が深くまではいります。

 

【当院の鍼灸治療を受けてどう思われましたか?】

私個人の表現ですが、先生はレントゲンよりもはっきり私の体が見えているように思います。実際私よりも早く妊娠した変化に気づかれたので驚きました。(笑)

鍼治療と云うと痛いイメージもありますが、先生の鍼は全く痛くありません。